下田 2007大晦日

2007年12月31日

 伊豆・下田の旧市街を、ちょっと歩いた。
 大晦日にこたつにわだかまってるってえ停滞は、気分に合わないからさ。
 やっぱ、心、体……、どこでもいいからどっか動いてなくっちゃな。目覚めてるときは。

IMGP2983.JPG
写真を左クリック

 上の写真は、海鼠壁(なまこかべ)の「下田温泉 松本旅館」。
 海鼠壁ってえのは、風雨や火なんかに強くってね。平瓦を、漆喰をつかって壁に貼り付けている。白い線はその漆喰だ。
 江戸時代は、大名屋敷や寺院によく見られたんだそうだが、いまでは、ここ伊豆半島やなんかにわずかに残るだけなんだそうだ。

 犬が、精肉店の店先にいた。

IMGP2980.JPG
写真を左クリック

 中国原産のパグってえ種類で10歳。
 寒くってぶるぶる震えるので、12月初めから、このように毛布ん中なんだそうだ。

 下田港にいったら、秋刀魚を干していた=写真下

IMGP2986.JPG
写真を左クリック

 で、そこから道路を渡って左の路地に入ったら、
 こんな色彩があった=写真下

IMGP2992.JPG
写真を左クリック

 赤い実は、ナンテンだろうかな。下の白いのは家の塀だ。
 構図を替えて、写真を撮り続けていたら、

 ヒュー… ヒュー… ヒュー…
 と、鳴る音がした。

 係留されている多数の漁船のマストのロープが、風を切っているのだった。

 晴れ上がって、光が強く、影の濃い日だったんだが、
 風のせいか、少し寒かった。

 路を行く人々は少なく、
 どこのスーパーも、買い物客でいっぱいだった。
 正月の準備でね。

posted by Jiraux at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | news 日々憤怒
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/75673248
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。