千社札 築地から消えゆく。

2006年09月28日

 東京の魚河岸、築地には、
昔の、粋なしきたりの痕跡が残っている。
 千社札(せんじゃふだ)=写真下=は、そのひとつに数えてもいいんじゃないか。

??????Ч〓〓??.jpg
(写真をクリック)

 千社札とは、ふつう、千社詣でをする人が、自分の名・屋号・住所などを趣向を凝らして刷った記念の小さな紙札で、社寺の柱などに貼りつけるが、
築地の千社札は、趣がちょっと違う。
 長さ30a、幅10aぐらいの木の板に名前が彫り込んである。

 新たに開店する料理屋などに、出入りの卸業者、友人、隣近所の人々が祝って贈り、店内に飾ってもらったのだ。紙の千社札が発展した感じだ。
 戦後しばらくの頃までこの風習は残っていたが、
今ではすっかりなくなってしまった、という。

 ここの千社札は、職人技とすぐに分かる見事な彫りである=写真下
 それもそのはず、彫り師は、浅草寺の観音堂の額をも彫ったことのある、名のある人だった。

Ч〓〓??.jpg
(写真をクリック)

 この千社札100枚近くを店内にずらりと飾った、
「味の・いし辰」=写真下 築地場外 築地4丁目交差点、共栄ビル地階=が30日に閉店する。
で、これらの千社札も店と共に消えゆくことになりそうだ。

「味の・いし辰」は、やがて築地場外の地上に新規開店する予定で、場所を探しているところだというが、
「店のスペースもあるし、また飾れることになっても全部は無理でしょうね」
と、店のお内儀さんが話した。

????????¨????.jpg
(写真をクリック)


posted by Jiraux at 23:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | news 日々憤怒
この記事へのコメント
victoria 水着
Posted by ダウン 服 at 2013年08月01日 16:23
モンクレールのジャケットの使用は、http://www.southelectricservices.com/
スポーツウェアや生活サービスに分かれています。発見されやすいがあるスポーツスキージャケット(ジャケットスタイルに基づいて)、モンクレールクライミング(主にフード付きのコートでの)など、モンクレールの色の要件カラフル、。
Posted by モンクレール 店舗 at 2013年12月24日 12:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/24581900
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。