死刑求刑4人 被告14人は静かに  一人一殺 45

2006年07月27日

 1934年(昭和9)8月28日午前9時15分から、
東京地裁であった血盟団事件被告14人に対する1時間半の論告求刑。その法廷の様子を伝える記事が新聞社会面に載っている。
 人々の姿を的確に伝える、描写力のある記事だ。

求刑社会面の記事.jpg
(写真をクリック)

 血盟団事件は、いわゆる昭和維新の先駆として5.15事件に先行し、直接行動の先駆を切った。しかし、裁判長忌避、神兵隊事件などのために審理が延期され、
 5.15事件より1年遅れで求刑となった。

 5.15事件の被告たちは一部を除き同年春、判決が言い渡され、全部服罪。皇太子(現天皇)誕生で恩赦もあって、陸軍側被告はすでに刑期の3分の1を終えていた。

 こうした背景から、血盟団被告14人への求刑内容がどうなるのか、国民の注目が集まっていて、公判開廷前から無気味な緊張の空気が漂っていた。

 傍聴者たちは、前夜から裁判所門前で待っていた。
 午前7時半の開門と同時にどっとなだれ込んだ。
 1人1人が、警戒の丸の内署員から身体検査と氏名の点呼を受ける。

 14人の被告たちは、午前8時過ぎから武装看守、警官たちが厳戒する中で、同8時半に裁判所に護送され、
 構内地下室の仮監房で開廷を静かに待った。

 9時になると、まず弁護士、特別傍聴人が入廷を許され、
ついで9時5分、法廷正面入り口から、藤井裁判長、陪席判事に続き、
 この日の立役者、木内検事が痩身を黒の法服に包んで、緊張の面持ちで着席。一瞬の沈黙の後、
 被告入り口の地下道から、小太りの小沼正が真っ先に、
数人おいて、井上日召、菱沼五郎らが、いずれも黒紋付き、羽織袴姿で、足音を立てて入廷した。

 傍聴席が落ち着くのを待った後、9時15分、藤井裁判長が開廷を宣言した。
 型どおりの氏名点呼の後、

 裁判長 「それでは、検事の事実ならびに、法律的適用についての意見をうかがいます」

 木内検事は、満廷の耳目を一身に集めつつ、立ってまず、コップの水で唇を潤し、被告席を一瞥して、

 検事 「これよりまず、検事の公訴事実を開陳いたします」
 と口を切り、歯切れのいい口調で、どうどうと犯罪事実の論述を進めた。

 この朝、曇っていた空は、この頃から次第に照り始め、
法定内は、室(むろ)のような温気と、重苦しい緊張の沈黙とに息苦しいばかり。
 しかも、被告席傍聴席とも身じろぎしない。

水槽.jpg
(写真をクリック)

 ちょうど午前10時に、事実関係の朗読を終わり、情状論に入ると、
 木内検事の論調は、一段と熱を帯び、この事件を流れる思想、背景、動機等を鋭く指摘し、声を一段張り上げ、

 検事 「被告らの取った態度は誠に遺憾であり、またその見方も、時相に対し、適正とは言えない。いわんや、
 自己の主張を貫徹するため、暗殺行為にいづるがごときは、絶対に排撃すべきで、国法の命ずるところに従って、厳重処断すべきである……」

 秋霜烈日の言葉。
論告は、その最高潮に達し、人々のとがり切った神経を鋭く刺激した。

 最後に検事は、1933年(昭和8)12月の、浜口・元首相狙撃事件の佐郷屋留雄に対する大審院の判決理由を引用し、準拠を明らかにし、
10時40分、1時間半にわたる大論告を終わった。

 その瞬間の法定内は、嵐の前の静けさだ。
 次の一瞬、
 真っ先に、日召に対する「死刑」、
 次いで、古内も、小沼、菱沼も。死刑4人。
 無期懲役1人。

 この求刑内容に、
 弁護士席、傍聴席にざわめきが起こり、
「重い」「重い」とのささやきが湧く。

 しかし、被告席は粛然として静かで、
14人の被告は、一斉に、判事に黙礼をした後、
いつもの公判のように、弁護士たちと黙礼をかわし、
一同共に、静かに退廷した。
 10時45分だった。






posted by Jiraux at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | news 日々憤怒
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。